poor Pure

日常で思ったことや感じたこと、近場のお店などの紹介などを適当に書いていきます

久々の日帰り温泉 愛知県は北設楽郡「とうえい温泉花まつりの湯」へ

仕事には行きたくないですが、いざ休みになったところで特にすることもない。

人生無駄に生きてるなぁと思うことが多々あります。

 

そんな中私は温泉が大好きなのですが、ここ最近ご無沙汰だったので、愛知県北設楽郡にある「とうえい温泉花まつりの湯」に行って来ました。


f:id:morris451:20180424124729j:image

 

現地に向かう道中、道の駅やJAさんの販売所など、寄り道したくなる施設がいくつかあります。

 

日曜日だったのですが、お客さんもめちゃくちゃ多いわけでもなく、のんびりできそうな雰囲気でした。

 

敷地内に鬼のモニュメントを発見(@_@)


f:id:morris451:20180425133312j:image


f:id:morris451:20180425142408j:image

 

館内は木の造りでぬくもりを感じられます。

入口左手には、地元の特産品などのお土産物を販売しております。

傍に入浴用の券売機と受付があり、さらにその奥へ進むと浴場へ出ます。


f:id:morris451:20180424220657j:image

 

到着したのが12時半を少し過ぎたぐらいだったので、入口右手にある食事処「華の舞」で昼食をとることにしました。


f:id:morris451:20180424130028j:image

 

華の舞と聞くと日本酒をクイッとやりたくなりますが「花まつり」からの華の舞なのかな?

メニューは色々ありましたが、こちらで推しているメニュー「華の舞定食」を注文することにしました。


f:id:morris451:20180424230329j:image

 

かき揚げ丼にお蕎麦(うどんと選べます)、小鉢と漬物のセットでお値段1,000円(税込)

玉ねぎ、人参、葉物(よくわかりませんでした…)、海老、イカかき揚げとなってご飯の上に乗っかっています。


f:id:morris451:20180424231443j:image

 

衣がサクサクで美味しかったですが、個人的には丸亀製麺の方が…(;´∀`)    なんつって。

気になったのはこの小鉢。

プライドポテトがケチャップで和えてある、的な感じです。

最初食べ始めた時は、「これなら普通に塩にして」と思いましたが、食べているうちに何かくせになっちゃって、すぐになくなっちゃいました。

単純に芋好きだからかなぁ(^_^;)

 

他に気になったメニューがナポリタン!

なかなかボリューミーで、次に来たときは必ず食べようかと思いました。

 

 お腹がいっぱいになったところで、お土産コーナーを抜けてメインの大浴場へ。

手前が男性、奥が女性となっております。


f:id:morris451:20180424231711j:image

 

ちなみにこちらの温泉は、全国でも数少ない療養泉に分類されていて、湯量が豊富で野天風呂には掛け流し風呂も用意されています。

温泉成分の濃度が人体に近い数値であるため浸透率が高く、身体の芯からポカポカして冷めにくいことから「熱の湯」とも呼ばれています。

アトピーの療養に効果があるそうです。

 

ゆっくり浸かりながら眠りにつきたかったのですが、年のせいか以前は平気で2時間くらい入っていられたお風呂ですが、今回は1時間たらずでギブアップ。

風呂からあがってからも、しばらくの間汗がとまりませんでした(´Д`;)

 

こういう場では、風呂上がりにあんま機を使用するのが私の鉄則ですが、使用中のため断念(´・ω・`)

 

温泉施設の隣の建物では、ラーメン、かき氷、五平餅などが食べられるお店となっています。

こういう所では食べたくなりますよねー、五平餅。


f:id:morris451:20180425132502j:image
f:id:morris451:20180425142838j:image

 

ちょうど良い焼き具合で甘過ぎないタレが最高(^^)b

 

遠出にはなってしまいましたが、たいへん有意義な時間を過ごすことが出来ました(о´∀`о)

また定期的に利用しようと思いました。

 

 

とうえい温泉花まつりの湯

愛知県北設楽郡東栄町 大字下田字花田21

0536-77-0268

営業時間 : 10時 ~ 21時  (最終入浴受付:20時)

定休日 : 水曜日

入浴料金 : 大人650円 / 小人350円