poor Pure

日常で思ったことや感じたこと、近場のお店などの紹介などを適当に書いていきます

ふる里総本家の「栗生どら焼き」が絶品で手土産にも喜ばれること間違いなし

 

浜松にある創業昭和22年の菓匠「ふる里総本家」さん。

こちらの製菓さんでは、和菓子の製造から始まり、今では洋菓子も取り入れ手広く製造されています。と言っても、どちらかというと和の中に洋を取り入れたという感覚で、やはり和菓子が専門というような感じですね。

 

今回訪れたお店はふる里総本家志都呂店さんです。

[ふる里総本家浜松志都呂店]
f:id:morris451:20180909193308j:image

 

浜松市にあるイオン志都呂から大きい通りを浜松駅方面(東)に向かうと、左手にあるロードサイドのお店です。

店内には自分用になるような和洋菓子や、手土産用の箱菓子などが陳列されています。


f:id:morris451:20180909233620j:image

 

店内はとても清潔感があり、来店するとだいたいお茶を出してくれます。

お店やタイミングによってはお茶にくわえて和菓子も出してくれるので、とりあえず気持ちがほっこりします(*´-`)

店内にイートインコーナーもあるので、軽くお茶して帰られる方もいらっしゃいます。


f:id:morris451:20180911224825j:image

 

時々利用させて頂いているふる里総本家さんですが、私のお目当てはいつも「栗生どら焼き」です。

 

[栗生どら焼き]

f:id:morris451:20180910001906j:image

 

これがおいしいんですよ(*´∀`)f:id:morris451:20180910225310j:image

 

ふわふわなカステラ風の皮生地に生クリームとあずきと栗が入っています。f:id:morris451:20180910225852j:image

 

生クリームにあずきが混ぜてあるのか、生クリームが少しあずき色をしています。

栗の食感も良く、甘すぎないあずきクリームとの相性が抜群です(*´∀`)

 

豊橋市に移った今でも時々買いに行ってしまう程、どっぷりハマっている生どら焼きです。

友人や実家に持っていくと、間違いなく喜ばれますね。

 

ちなみに今回は、もう1つ購入しました。

シュークリームなのですが、他にあまりない珍しい立方体のシュークリーム、その名も「キュービックシュー」です。

 

[キュービックシュー(メープルナッツ,抹茶,カスタード)]

f:id:morris451:20180910231326j:image

 

四角いシューの上にチョコレート?と粉砂糖、中にはそれぞれクリームがたっぷり入っています。

f:id:morris451:20180910231925j:image

 (↑メープルナッツ味なので、中のクリームもメープル系)

 

中のクリームはどれも少し甘めかな。

ブラックコーヒーなんかをお供にして食べると良いですね。

 

無難においしいですし、コチラも珍しいということもあり、生どら焼きと同じように手土産に喜ばれますよ(^^)b

 

浜松に行かれた際には是非利用してみてください。

 

注意点として保冷バッグ系を持って行かれた方が良いかと思います。

(栗生どら焼きは冷凍状態のものを購入することになりますが、保冷剤は確かもらえなかったように思います。)

 

おいしい栗生どら焼き、ごちそうさまでしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

 

ふるさと総本家(浜松)志都呂

静岡県浜松市西区志都呂町1丁目24-6

053-449-8588

営業時間:9:30 ~ 19:00 (年中無休)