poor Pure

日常で思ったことや感じたこと、近場のお店などの紹介などを適当に書いていきます

岐阜県土岐市で開催された「第1回食べやあ五平餅フェア」はいろんな五平餅が食べられます

 

前回、岐阜県土岐市にあるテラスゲート土岐で「第1回食べやあ五平餅フェア」開催の記事を書きました。

そして本日、何とかイベントに参加することができ、数店舗の五平餅を食べてきたので、食べた五平餅や会場の様子を記事にしようかと思います。

 

www.pisukeblog.com

 

f:id:morris451:20181111194459j:plain

 

11時頃にテラスゲート土岐へ到着しましたが、駐車場手前から渋滞が発生していました。

五平餅フェアは9時から開催されていたので、もっと早めに会場に入るべきだったと思いながらも、駐車場内をぐるぐるまわり、何とか駐車スペースへ。

 

[参加店舗]

f:id:morris451:20181111200008j:plain

 

テラスゲート土岐の中に、観光案内や陶芸の体験教室、いろんなショップや食事ができる「まちゆい」という施設の周りに、学校行事で使用するような白いテントがたくさん張られていて、それぞれのお店がこだわりの五平餅を延々と焼き続けています。

 

テントの方へと近づくと、人の多さにびっくり、そしてガッカリ(-_-;)

一番手前のテントでいきなりこれだけの人の列。

先が思いやられる(;´д`)

やはりもっと早く来るべきだった…。

 

[五平餅に並ぶ人の列]

f:id:morris451:20181111201501j:plain

 

ある程度想定の範囲ではあるが、人ごみの嫌いな私からすると、食べずに帰っても良いかなぐらいの気持ちです。

でもいきなり帰るなんて言い出すと、一緒に来た嫁にひっぱたかれそうだし、とにかくせっかく来たので我慢、つべこべ言わずに良さげなお店を探して列に並びます。

まあでも、会場に入るとすでに五平餅の香ばしい香りが会場を包み込んでいたので、帰りたいと思う気持ちがぼやかされました(*´-`)

 

[会場の様子]

f:id:morris451:20181111202323j:plain

f:id:morris451:20181111202341j:plain

 

基本的にどこのお店もガンガン人並んでます(;´д`)

とりあえずどこかの列に並ばないと始まらないですね。

 

会場にはちゃんと特設客席が準備されていて(それでも来客数からすれば全然足りてない…)、ゆっくり座って食べることができるので、子連れのファミリーや年配のご夫婦でも安心してイベントに参加できます。

 

f:id:morris451:20181111202758j:plain

 

五平餅用のゴミ箱も用意されていて、スタッフさんがしっかり管理していますので、ゴミの心配もありませんでした。

とてもありがたいです(^_^)

 

[共同ゴミ捨て場とゴミ袋を交換してくれるスタッフさん]

f:id:morris451:20181111203120j:plain

 

会場の様子はこんな感じでかなりのにぎわいを見せていました。

そんな中、私は4件の五平餅を食べたので紹介します。

 

まず1件目。

[喜楽(中津川市)]

f:id:morris451:20181111204201j:plain

f:id:morris451:20181111204241j:plain

 

喜楽さんはだんご型でしょうゆベースの五平餅。

1本140円と手が伸びやすい価格。

f:id:morris451:20181111205057j:plain

焼き加減サイコー、いい感じでお焦げができてますね。

お餅は荒くもなく細かくもなく、お米とお餅の中間ぐらいのつき具合。

タレはしょうゆベースにくるみ、ゴマ、ピーナッツをすり込んでいるようで、わりとあっさりめ。

とても美味しいし、1つのだんごが小さめなので何個でもイケちゃいます。

 

f:id:morris451:20181111204441j:plain

f:id:morris451:20181111204454j:plain

 

2件目。

[スーパーやまと(多治見市)] 

f:id:morris451:20181111204834j:plain

 

スーパーやまとさんはわらじ型で味噌ベースの五平餅。

価格は1本250円と、参加店舗の中では少し高め。

f:id:morris451:20181111205550j:plain

お餅は超粗つき。

f:id:morris451:20181111205640j:plain

大きめのわらじ型で、食べごたえは抜群。

タレの詳細はよくわからないのですが、胡桃なのかナッツなのか、荒々しく混ぜられた濃い味噌だれとの相性も良い。

少したれが濃すぎるかなとも思いますが、とても美味しい五平餅でした。

f:id:morris451:20181111205625j:plain

 

3件目。

[正盛(可児市)]

f:id:morris451:20181111221218j:plain

f:id:morris451:20181111221518j:plain

 

正盛さんはわらじ型でミックスの五平餅。

1本200円とお値打ち価格。

ミックスたれは「カレーたれ」「酒あんこ」「胡桃たれ」の3種類から選びます。

f:id:morris451:20181111221620j:plain

正盛さんは独特の五平餅となっていて、お餅に里芋を練り込んでいるとのこと。

さらに五平餅は焼くのではなく、揚げているという初めて出会った五平餅です。

揚げてからたっぷりの特製たれをかけていきます。

f:id:morris451:20181111222255j:plain

↑たしかに五平餅が揚げられています。

 

購入したのは胡桃たれの五平餅。

正盛さんでは割り箸とお手拭を本数分付けてくれるという親切ぶり。

そのやさしさに頭があがりません。

f:id:morris451:20181111222908j:plain

f:id:morris451:20181111223212j:plain

揚げてあるという斬新な五平餅の食感は、外のころもはサクサクで、荒くつかれている様に見えるお餅は見た目以上に柔らかく、細かく砕かれた味噌感が強めの胡桃たれにもよく合います。

f:id:morris451:20181111223504j:plain

初めての食感にもびっくりしましたが、揚げ五平餅の美味しさにもびっくりです。

 

4件目。

[峠茶屋(土岐市)]

f:id:morris451:20181111225011j:plain

f:id:morris451:20181111225847j:plain

峠茶屋さんはだんご型でミックスの五平餅。

1本150円の五平餅が本イベントでは100円と超お値打ち価格。

そしてぽたぽた餅もそーとー気になります。f:id:morris451:20181111232207j:image

峠茶屋さんのタレも詳細がよくわかりませんが、お餅はほとんど米の状態が残っていないぐらいのつき加減でした。

 

今回気合を入れてイベントに参加したにも関わらず、食べた五平餅はわずか4店舗分(4本)。

嫁と1本をシェアしてそれこそ倍の8店舗ぐらい食べれば良かったかなとも思いますが、なかなか列に並ぶのも大変だし、1つの店舗で5本ぐらい購入しているお客さんが非常に多かったため、1本のみ購入というのもなかなか…。

アラフォーというのもなかなか食べれなくなってしまって悲しいです(´・ω・`)

 

今回感じたのは、五平餅って基本的に道の駅とか観光地なんかで購入することがほとんどですが、価格はだいたい300円~500円。

それが本イベントではとてもリーズナブルな価格で購入できるので、とても大満足です。

そりゃあ1店舗で5本も6本も買いますわね、超お得ですもん。

それにしても今日はよく食べた、1日にこんなにたくさん五平餅を食べることなんてそうないですよね。

 

今回が第1回ということですが、自分の感覚だと今後第2回、第3回と継続して開催することになるのではないでしょうか。

またいろんなお店の五平餅を食べてみたいので、次回も是非参加したいと思います。

 

ちなみに4件目の峠茶屋さんで自分用お土産として買ったぽたぽた餅、とても美味しゅうございました。

f:id:morris451:20181111232310j:image

個人的に1番美味しかったかも…。 五平餅じゃねーし(^_^;)

五平餅ではどこのお店も美味しかったのですが、個人的にスーパーやまとさんと正盛さんが美味しかったかな。

次回も期待しています。

 

おいしい五平餅、ごちそうさまでしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

 

ふるや五平餅12本詰

ふるや五平餅12本詰