poor Pure

完全なる雑記ブログ ~日常で思ったことや感じたこと、お店や商品の紹介などを適当に書いていきます

京都駅ビル伊勢丹の10階らーめん店「ますたに」は観光客に大人気

こんにちは、ぴすけです。

 

京都府にある老舗らーめん店「ますたに」。

 

特に足を運びやすい京都駅ビル拉麺小路店には、京都府民だけでなく多くの観光客が押し寄せています。

 

今回は地元で有名なますたにのらーめんを紹介します。

f:id:morris451:20190708132731j:image

 

f:id:morris451:20190716183754p:plain

お店の情報

 

 

 

お店の詳細

[ますたに京都駅ビル拉麺小路店]

f:id:morris451:20190708132612j:image

 

京都駅ビル伊勢丹の10階には、9軒のらーめん店が入っている「拉麺小路」があります。

www.kyoto-ramen-koji.com

 

今回は拉麺小路の中にある地元の京都らーめん店「ますたに」を月曜日に利用しました。

 

お店の外に券売機があり、購入してから店内へと案内されます。

 

月曜日にも関わらず、朝11時のオープンでしたが少し前から順番待ちの列ができていて、開店後すぐに満席となりました(^_^;)

 

[店内]

f:id:morris451:20190708133609j:image

 

カウンターが8席、2人用テーブルが4席と客席はさほど広くありません。

 

店内のテーブルやイスは木を基調としており、和を感じさせる雰囲気はどこか老舗のそば屋さんを感じさせる内装でした。

 

ますたにの人気らーめんは鶏ガラ醤油

チャーシュー麺

f:id:morris451:20190708140604j:image

 

混雑しているにも関わらず、提供時間が早い。

 

ねぎ、メンマ、チャーシューと、らーめんの具材は実にシンプルです。

 

背脂が多く入っているため、こってりしていそうな印象をうける見た目。

 

背脂の浮いたコクのあるスープ

[スープ]

f:id:morris451:20190708141847j:image

 

背脂ちゃっちゃ系の発祥と言われているますたにのスープは、見た目とは裏腹にとてもあっさりしています。

 

自慢の鶏ガラベースの醤油らーめんはあっさりしているのにしっかりコクがある。

 

身体には悪いかもしれませんが、全部飲み干せちゃいそうでした。

 

f:id:morris451:20190709104203j:image

 

もし味に飽きてしまったとしても、テーブルにはこしょう、黒こしょう、一味と七味が置かれているので、お好みで味を変えられます。

 

柔らかい中細麺

[麺]

f:id:morris451:20190708141005j:image

 

スープがあっさりしているためか、麺は柔らかめの中細麺を使用しています。

※どちらかというと細麺っぽい

 

中細麺ではあるものの、スープとよく絡んでいます。

 

食べ始めはもう少し麺が硬い方が良いと感じましたが、柔らかい麺がスープを吸ってくれるので、とても美味しく食べられます。

 

濃い味付けのチャーシュー

[チャーシュー]

f:id:morris451:20190709104712j:image

 

チャーシューは崩れにくい柔らかさで、薄くスライスされた煮豚を使用。

 

スープには良くマッチしているように感じましたが、個人的にはとろける系が好みなので少し残念でした。

 

まとめ

1949年創業の老舗らーめん店「ますたに」は、京都らーめんを代表する人気店です。

 

平日でもすぐに列ができてしまう程の人気っぷりにも納得のできる味でした。

 

f:id:morris451:20190709201015j:image

 

京都駅伊勢丹の拉麺小路にはいろんな地域のらーめん店が入っていますが、京都というだけあって地元京都のらーめんますたにが1番人気だったように思います。

※オープン時の行列状況から推測

 

京都駅内ということで、観光などで訪れた際には利用しやすいお店です(^_^)

…おそらく並びますが。

 

京都を訪れた際はぜひ食べてみてください。

※らーめん通の方は味が違うとかで、京都北白川の本店に行かれるそうです…

 

他のメニュー

[特厚チャーシュー麺

f:id:morris451:20190709203150j:image

f:id:morris451:20190717000335j:image